アメリカのスクールプログラムを基礎とした実践的な英語力と自発的な学習能力を育む小学生クラス。

​アクロスキッズ1-6クラス

アフターアイコン_edited.jpg

実践的な英語力と自発的な学習能力を育む小学生クラス

世界を渡り歩く(アクロスする)小さな探検者として必要な実践的な英語力と自らの考えを発信し表現する基礎を育む小学生クラス。探究する力を育み、「自分の考えや気持ちを伝え」「相手の意見を尋ねる」相互的コミュニケーシションを英語で実践する力を伸ばします。アメリカのスクールプログラムをベースに、アート、科学、算数、社会などの体験型学習や、リサーチプロジェクトを通して、総合的な理解力をつけ、自分のアイデアを発表します。さらに、ナショナルジオグラフィックが描く、子供たちにとって未知の世界(自然・環境・異文化)を発見し探求する教材を使用して、英語上達の鍵となる語彙・文法・フォニックスを学び、英語の4技能を伸ばします。新学習指導要領、英検®学習にも対応し、小、中学校での英語学習にも自信をもって挑む力を養い、より深い理解と定着を図ります。

Across Kids
アクロスキッズコース

​時間・対象・定員

アクロスキッズ ビギナー

時間:木曜 16:00~17:40

   土曜   15:15~16:55

定員:8名

アクロスキッズ 2

時間:金曜 16:30~18:10

   土曜 15:15~16:55   

定員:8名

アクロスキッズ1

時間:金曜 16:00~17:40

   土曜 13:00~14:40

定員:8名

アクロスキッズ3

時間:火曜 16:30~18:10 

​定員:8名

アクロスキッズ4

時間:金曜 17:50~19:30 

​定員:8名

アフター10.jfif のコピー.jpg
00141-9948 (2).jpg

​特徴

img-across-kids-curriculum-01.jpg

1. オールイングリッシュ

オールイングリッシュの環境の中、自分の想いや考えを英語で表現・伝える力を伸ばすします。英語のみならず、自ずと考える力、表現する力もつけます。

2. 体験型総合学習(サイエンス、マス、ソーシャルスタディ、アート、プロジェクト)
科学の実験(サイエンス)と算数(マス)では、仮説をたてたり結果を予測したりすることで、想像力や論理的に考える力を育みます。また、楽しいプロセスや素直な驚きが学習への興味と意欲を育みます。グループプロジェクトを取り組むことで、

子供達に英語で自発的に発話する姿勢を育みます。

3. リタラシィ
ナショナルジオグラフィックが描く、子供たちにとって未知の世界

— 自然・環境・異文化など 子供たちの興味を引きつけるワークブックを

使用して、英語を学びながら世界を発見していきます。

語彙や文法、フォニックスなど英語上達の基礎となるスキルを

学習するとともに、他教科と連携した内容やプロジェクトを通して、

総合的な理解力をつけます。

 
4.ショーアンドテル

⾃分の意⾒をしっかり持ち、きちんと伝えることができるよう「考える」→「書く」→「伝える」を繰り返して行います。誰もが知っている⽇常のトピックをひとつひとつクリアしてゴールすることにより、英語で⾃分を表現することを学びます。

5. 無学年式教材の使用

「級」でテキストのレベルが分けられ、苦手な単元は理解ができるまでじっくりと学習、得意な単元は次々とレベルの高い問題へのチャレンジができる無学年式教材を使用します。意欲的なお子さんには、より発展的な学びを提供し、少し時間がかかるお子さんには、丁寧に寄り添い、意欲的に学習できるようサポートしていきます。

​6.英検®対策学習

英検頻出単語をレッスン内で楽しく学び、無学年式教材の一定級をクリアしたお子さんから年間4回/約4ヶ月、英検®の学習へ挑戦していきます。

*本校では、英検®は、あくまでも総合的な英語学習におけるプロセスの1つとの考えのもと、英検®の級を取得する目的のみの学習はいたしません。

アクロスキッズレベル表.png

*アクロスキッズ 5,6クラスは、2023年度オープン予定です。
*英語レベル対象はあくまでも目安です。総合的な英語力やお子様の意欲と目的によって適切なクラスをご案内します。

*CEFRとは、ヨーロッパで、「外国語学習者の習得状況・言語運用能力」を示す共通の基準として設けられました。文部科学省が新学習指導要領における英語の評価指標として使用している等、学術界・ビジネス界で広く活用されています。